Profile


■代表理事


花木 裕介

 

がん罹患者に関わる方専門の産業カウンセラー。両立支援コーディネーター。


2017年12月、38歳のとき、中咽頭がん告知を受け、標準治療(抗がん剤、放射線)を開始。翌8月に病巣が画像上消滅し、9月より復職。2021年2月、局所再発により標準治療(手術)を実施。現在は経過観察中。


がん判明後より、ブログ『38歳2児の父、まさかの中咽頭がんステージ4体験記! ~がんチャレンジャーとしての日々~』を開始し、現在も執筆中。 

2019年2月、「青臭さのすすめ 〜未来の息子たちへの贈り物〜(はるかぜ書房)」を出版。


その他、国家プロジェクト「がん対策推進企業アクション」におけるがんサバイバー認定講師、グリーンルーペメンバー、千葉県がん対策審議会専門委員としても活動している。


■がんチャレンジャーの皆様

※がんを経験してもなお、病気や人生に挑戦をしており、かつ、弊法人の活動を応援してくださっている方々です。



・久田邦博氏


しあわせです感謝グループ 代表/ 研修デザイナー/ キャリアコンサルタント/ 薬剤師/医療経営士2級/名城大学・三重大学非常勤講師。


名城大学薬学部卒業。講演・社会貢献活動に専念するため、勤務していた一部上場の製薬会社を早期退職。


38歳で白血病を発病。出世の夢が消え去り落ち込んだが、その後、人材育成という天職と出会い、死をも忘れてスキルアップに取り組む。


薬剤師や医療従事者に向けて患者が求めるコミュニケーションを800回以上講演。


患者会や市民対象にも「がんになっても楽しく生きる方法」を講演し、参加者からは「生きる力が内側から湧いてくる」と好評。


著書に、『死ぬまでに読んでおけ』がある。


※久田氏がゲストのYou Tube「寄り添い方」体験談はこちら




・柳田 真由美氏


国立大学法人 広島大学 学生支援グループ 勤務。  


43歳で乳がんを宣告され、20数年勤務した大手ホテルを退職 。

転職や、新しい職場に慣れることの大変さを目の当たりにしたことをきっかけに、2018年より自身の経験を社会に伝えていく活動を始めた。


国家プロジェクト「がん対策推進企業アクション」 がんサバイバー認定講師。 

Teamがん対策ひろしま認定講師。


※柳田氏がゲストのYou Tube「寄り添い方」体験談はこちら




・水戸部 裕子氏


秋葉原社会保険労務士事務所 勤務。


2018年(当時44歳)、肺腺がんステージⅣ&リンパ節転移。外来にて分子標的薬を2年飲み続けたが、抗体ができてしまったことから、2020年7月より治験による抗がん剤治療をスタートさせ、現在も副作用と闘いながら継続中。


同じ境遇の方の力になるべく、がん患者への理解を深める活動を開始。自身の経験を勤務先HPのブログに書いたり、ライフワークとしてメディアやSNSにて公開したりと積極的に活動している。


がん教育外部講師 認定。

キャンサーペアレンツ会員。


※水戸部氏がゲストのYou Tube「寄り添い方」体験談はこちら



■アドバイザー


真野 俊樹 先生


中央大学大学院戦略経営研究科 教授

多摩大学大学院 特任教授

名古屋大学未来社会創造機構 客員教授


1987年名古屋大学医学部卒業。医師、医学博士、経済学博士、総合内科専門医、MBA。臨床医、製薬企業のマネジメント、大和総研主任研究員などを経て現職。多摩大学特任教授、厚生労働省独立行政法人評価有識者委員などを兼務。


入門 医療政策』『医療危機-高齢社会とイノベーション』(いずれも中央公論新社)、『日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分で世界一』(講談社+α新書)など著書多数。

新刊に、『新たな医療危機を超えて ◇コロナ後の未来を医学×経済の視点で考える』(日本評論社)がある。