handbook


「がん罹患者にかかわる方必携 『寄り添い方』ハンドブック」
 
完成品無料配布のご案内

 

一般社団法人がんチャレンジャーは、この度、クラウドファンディングを活用したハンドブック完成を記念し、2020525日(月)より、先着による完成品無料配布企画を実施いたします。

 

■本企画の趣旨

来であれば、社員の両立支援などにご関心のあるすべての事業者や看護師等への教育意識の高い医療機関等にお配りさせていただきたいところではありますが、あいにく部数に限りがあるため、ご連絡いただいた先着100社に最大10部まで無料配布(送料も弊法人負担)させていただきます

 

主に管理職や人事・総務担当、産業保健スタッフ、医療従事者の方々にお届けしていくことで、組織の中にがん罹患者にかかわる際のノウハウを浸透させていく担当者を支援していくことが本企画の趣旨です。また、身近に罹患者がいらっしゃる個人様には、PDFデータで同様の情報を提供いたします。

 

■ハンドブックの特徴

代表者自身ががん罹患した経験から、復職後、多くの健常者の方より「がん罹患者とどのように関わればいいのか分からない」「どんな言葉をかけたら喜んでもらえるのか知りたい」といった率直な声多数いただきました。そこで今回、代表者が周囲に支えていただいた際に感じたうれしかったかかわりやもっとこうしてほしかったといったかかわりなどの経験と、産業カウンセラーとしてのノウハウを踏まえて、本ハンドブック(A5版約70ページ)の制作・普及を思い立ちました。

 

【参考】目次構成
~刊行に寄せて~ 中川恵一先生(東京大学医学部附属病院 放射線治療部門長 がん対策推進企業アクション アドバイザリーボード議長)
1
章 やっていませんか? こんなコミュニケーション。
2
章 カウンセリングマインドで寄り添うということ。
3
章 「傾聴」で寄り添う。
4
章 「受容」と「共感」で寄り添う。
5
章 「声掛け」で寄り添う。
6
章 事例
コラム 「がん対策推進企業アクション認定講師」からの寄稿(私がうれしかったかかわり、など)

  

 

■企画概要

・内容:「がん罹患者にかかわる方必携 『寄り添い方』ハンドブック」完成品無料配布
期間:2020525日(月)より、先着につき、在庫が無くなり次第終了
・対象者: 民間企業や医療機関など、がん罹患者にかかわる方が所属する組織
・申込方法:以下申し込みフォームより、組織名、ご担当者名、送付先住所および希望部数をお知らせください。(どの媒体からこの企画を知ったのかも可能でしたらお聞かせください)

※個人様のPDFデータ希望の場合も以下よりお申し込みください。

 

 

※ただいまお申し込み多数につき、お返事やご送付にお時間(最長1週間程度)がかかる場合がございます。予めご容赦くださいませ。

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です